おからパウダーのダイエット効果を解説!本当に満足できるのか・効果的な方法や口コミから分かるメリット/デメリットをお教えします。

おからパウダーは、痩せホルモンといわれる「アディポネクチン」の分泌を促進させることや食欲抑制効果があることからダイエットに適しています。

また、ダイエットだけでなく食物繊維が豊富なため便秘改善にも効果を発揮することもありますが、より効率良いダイエットのためには、おからパウダーをただ摂取するだけではなく、タイミングや飲用方法などを把握することがポイント。

おからパウダーによるダイエットにおすすめのレシピや、メリット・デメリットを詳しく解説します。

目次

おからパウダーによるダイエット効果!便秘改善にも期待ができる

おからパウダー

おからパウダーはダイエットに効果を発揮するため、ダイエッターにとって非常に注目されている食材です。

また、ダイエットだけでなく食物繊維が豊富に含まれている点から腸内環境を整える効果があるため、便秘に悩まされている人にもおすすめできます。

痩せホルモンの分泌を増やすことが可能

おからパウダーを摂取することで「アディポネクチン」の分泌を増やせることがダイエットの好要因。

アディポネクチンは活発化することで脂肪燃焼効果をもたらす可能性があるため、別名「痩せホルモン」といわれており、運動をしたときと同じ効果を得られるのが特徴です。

この脂肪燃焼効果により、摂取することでダイエットに効果を発揮するとして多くの人から注目されており、年々期待が高まっています。

大豆製品には食欲抑制効果がある

おからとは大豆の絞りかすであり、それを乾燥させたものがおからパウダーです。

大豆製品には食物繊維が豊富なことから満腹感が得られやすいという特徴があります。また水分を含むことでお腹で膨らむことも、満腹感が得られやすい理由です。

そのため、食欲を抑制する働きがあることからダイエットに効果を発揮します。上述した痩せホルモンの分泌を増やして活発化させ、さらに食欲を抑制するとダイエット効果も大きくなります。

食物繊維が豊富でダイエット効果だけでなく便秘も改善できる

おからパウダーには食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を整えてくれることから便秘改善が可能です。

厚生労働省は日本人女性が1日で摂取すべき食物繊維量を18グラム以上と定めていますが、実際の平均摂取量は14.3グラムといわれています。

なかなか食事で食物繊維をしっかりと摂ることは難しいですが、おからパウダーはおよそ大さじスプーン2.5杯で補給できます。

簡単に摂取できる点からも注目されており、便秘に悩まされている女性は少なくないためチェックしてみてください。

また、食物繊維には食後の血糖値を抑制する効果もあることがわかっています。

おからパウダーダイエットで変われる?効果を実感できる口コミが多数寄せられている

さまざまなダイエット方法が誕生しており、ネット上には情報が溢れています。そのため、どの方法が効果的なのかを理解することが難しいと感じている人は少なくありません。

おからパウダーによるダイエットについて、良い口コミと悪い口コミをまとめました。

便秘解消に繋がりお腹が痩せたという声がある

上述した通り、おからパウダーには食物繊維が豊富に含まれていることから便秘の解消に効果を発揮しています。

便秘が改善された影響なのか、お腹が痩せているように見えることで成果を実感でき、結果としてモチベーションアップに繋がっている良い事例です。

カロリーダウンだけでなく食物繊維など栄養素の補給に最適

カロリーが高い料理を食べる際に、おからパウダーを入れることでカロリーダウンができ、かつ食物繊維やビタミンB軍を摂取できます。

必要な栄養素を摂取しつつ、カロリーも意識することがダイエットには重要です。

おからパウダーの種類を使い分けると美味しく料理が食べられる

おからパウダーには粒子が細かいものと粗いものがあり、どのような料理にあわせるかが異なります。

細かい粒子のおからパウダーは、ドリンクなど液体系に相性が良いです。一方で粗いものはサラダなどの食感があるものに混ぜることがおすすめされています。

美味しく料理をいただくためにも、何にどの種類のおからパウダーを取り入れるのがベストか把握しておいてください。

汁物に入れて食べることでダイエットに成功した事例を確認

実際におからパウダーを汁物に入れて食べていた人のダイエット成功例がアップされています。

上述したようにおからパウダーは水分を吸収することで膨らむので、満腹感を得ることができます。

特徴を活かしたダイエット成功例をぜひ参考にしてみてください。

需要の高さから価格が高騰しているとの口コミが

おからパウダーの目立ったデメリットは口コミに投稿されていませんでしたが、ダイエットや便秘改善などに効果を発揮することから価格が高騰している点を指摘する声があります。

日持ちすることから保存も可能で長く愛用できますが、継続するうえで価格面への意識は必要です。

おからパウダーダイエットのポイント!効果を高めるには毎食前に食べること・水分の摂取を意識しよう

水

おからパウダーによるダイエット効果を高めるために、摂取すべきタイミングや摂り方を確認しておきましょう。

おからパウダーは大豆製品であるためアレルギーを持っている人は注意しなければいけません。また、塩分が多い食事に投入する場合も過剰摂取に気を付けてください。

食事の15分から30分前に摂取する

おからパウダーは毎食前に摂取することが大切で、その理由は血糖値の上昇を防ぐためです。

食事をする前におからパウダーを取り入れると、食物繊維の働きにより血糖値の上昇を抑制します。

また、お腹のなかでおからパウダーが膨らむことから食欲抑制にも効果てきめんです。

おからパウダーは水で膨らむためお腹を満たせる

おからパウダーは水分を含むとおよそ5倍の量に膨らみます。そのため、食事に取り入れた際は水をしっかりと飲むことを忘れてはいけません。

満腹感を得ることでダイエットに効果を発揮するので、しっかりと水分をとりましょう。

塩分が多い食事にはかけ過ぎないこと

おからパウダーを食事に取り入れる際、塩分量が多いものには注意が必要です。例えばラーメンにおからパウダーをかけた場合、汁を吸ってしまうことから塩分を大量に吸収します。

そのため、塩分を吸ったおからパウダーを口にすることから過剰摂取が疑われます。塩分が高い汁物におからパウダーを入れる場合は、できるだけ吸収しないように注意してください。

アレルギー体質の人は要注意

おからパウダーは豆乳や豆腐などの大豆製品の絞りかすであるため、大豆アレルギーの人は摂取しないよう避ける必要があります。

体調が悪くなった場合は、かかりつけの医師に相談してください。

おからパウダーダイエットのおすすめレシピ!

おからヨーグルト

おからパウダーを摂取するには、さまざまな方法があります。
作り方が簡単なものや、よりダイエット効果を高められる組み合せのレシピを紹介します。

作り方も簡単な「おからヨーグルト」

おからヨーグルトは作り方が非常に簡単で、無糖のヨーグルト150グラムに、おからパウダーを大さじ1、はちみつを少し入れるだけで完成です。
調理時間はおよそ5分と、隙間時間ですぐに作れる点も評価されています。

また、ヨーグルトには免疫力を高めたりビタミンを生成したりする善玉菌も含まれているため、組み合わせとしておすすめです。

痩せホルモンの効果をより高める「おからパウダーコーヒー」

コーヒーにおからパウダーを入れるだけと誰でも作れる簡単なものです。

コーヒーには上記でも紹介した痩せホルモンであるアディポネクチンの効果を高める働きがあるため、おからパウダーとの組み合わせにおすすめの飲み物となります。

糖質が抑えられる「おからパウダーを使った唐揚げ」

唐揚げを作る際は衣となる小麦粉やパン粉の代わりにおからパウダーを使用します。

小麦粉等を使わないことから糖質を抑えられるため、ダイエットに最適です。鶏肉300グラムに対しておからパウダーを20グラム入れ、あとは通常通り油で揚げてください。

食べ応えもある「おからパウダーお好み焼き」

唐揚げと同様に、お好み焼きを作る際も小麦粉ではなくおからパウダーを使うことで糖質を抑えられます。

食べ応えがありつつダイエットに効果を発揮してくれるため、非常におすすめできるレシピです。

おからパウダーは口コミからもダイエット効果が期待できることが確認できる!おすすめレシピで美味しい食事を作りモチベーションアップを図ろう

おからパウダーのダイエット効果と、そのメリットやデメリットについて詳しく解説してきました。

  • おからパウダーは食物繊維が豊富なため便秘改善に効果を発揮する
  • 痩せホルモンの分泌をサポートすることでダイエットに効果あり
  • 口コミでも効果を実感していると高評価なものが多数ある

おからパウダーはダイエットだけでなく腸内環境の改善など、体に良い影響を与えます。
実際におからパウダーでダイエット成功した方も多く、豊富な口コミに加え成功した方の実際のレシピなども確認することができます。
誰でも作れる簡単レシピでおからパウダーを摂取し、ダイエット目的だけでなく体を健康にするために積極的に取り入れてください。