誰もがおばさん体型になる・特徴や基準を検証したら見えたきた筋トレでの改善・脱出方法を解説。

30歳を超えると女性は太りやすくなり「おばさん体型」になります。

この年齢層になると、女性ホルモンや筋肉量が減少し脂肪が溜まりやすくなります。さらに運動不足にもなりがちで、骨盤がゆがむことも太りやすくなる原因です。

おばさん体型を改善するには、筋トレをして体を引き締め、基礎代謝を上げて太りにくい体に変える必要があります。

特に自転車を使った有酸素運動やスクワット、腹筋が効果的です。おばさん体型の特徴や筋トレなどの改善方法を解説します。

おばさん体型の特徴・基準とは?洋ナシ型の体型でコーデにも影響が出る!

ビール飲むおばさん

おばさん体型は主に30歳を超えた年齢における大きな体型の変化を意味します。皮下脂肪が溜まりやすくなり、普段のコーディネートにも影響が出るので注意が必要です。

30歳を超えてから下半身が太ると「おばさん体型」の始まり

「おばさん体型」には明確な基準はありません。一般的に女性は30歳を超えると、さまざまな原因により太りやすくなります。

特に下半身が太りやすくなり、スッキリとしたシルエットからボテっとしたシルエットになりやすいです。このように下半身を中心に太ると「おばさん体型」の始まりといわれています。

おばさん体型とは皮下脂肪型肥満!下半身が主に太る

肥満には脂肪が溜まる場所によって大きく「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」の2種類あります。

内臓脂肪型肥満は「リンゴ型肥満」とも呼ばれ、お腹がポッコリ出るような体型になる男性に多い肥満です。

それに対して「皮下脂肪型肥満」は「洋ナシ型肥満」とも呼ばれ、皮膚の下に脂肪であるセルライトが増え、おばさん体型と呼ばれる要因になっています。

内臓脂肪型の肥満は、名前の通り内臓の周りに脂肪が溜まるため、体重の増加に対して見た目はあまり変わりません。

それに対して、皮下脂肪型肥満はお腹が下側にたるんできて「太っているシルエット」になりやすいですが、内臓脂肪型肥満よりも病気になるリスクは低いです。

ふんわりしたシルエットのコーデだと目立たなくなる

おばさん体型になった場合は、一般的にシルエットが下にいくにつれて広がるワンピースなどを着るのがおすすめです。パンツなどを履く場合は、ロングカーディガンなどを羽織るとお腹周りのラインが隠れて、太った下半身は目立ちにくくなります。

反対にふんわりしたワンピースなどのコーデが増えると、周囲から「おばさん体型に太った。」と思われる可能性は高くなるので注意してください。

h2おばさん体型の原因とは?女性ホルモンの減少が関係している

おばさん体型の原因は複数あります。主な原因は加齢による女性ホルモンの減少や基礎代謝の低下です。運動不足による骨盤の歪みも間接的な要因になっているので注意してください。

女性ホルモンの減少により脂肪燃焼能力が低下する

女性は年齢を重ねるごとに女性ホルモンの量が少なくなります。この女性ホルモンの1つである「エストロゲン」は、脂肪の代謝に大きく関わっており、減少することで脂肪燃焼力が低下します。

今まで以上よりも脂肪がエネルギーとして使われにくくなるので太りやすくなるのです。

加齢に伴う筋肉の減少で基礎代謝が低下する

年齢を重ねることで体は老化していき、筋肉は衰えて筋量は減っていくので注意が必要です。筋肉は体を動かすだけでなく熱を発生させ体温を維持する役割があるので、特に運動をしていなくてもエネルギーを消費します。

このような運動をしていなくても消費されるエネルギーを「基礎代謝」と呼び、筋肉量が減ることで基礎代謝量も低下していきます。消費されるエネルギーが少なくなるので、30代を超えたあたりから太りやすくなるのです。

特に女性の場合は男性よりも筋肉量が少ないので、脂肪が溜まりやすいといわれています。

運動不足により骨盤が歪んで下半身が太る

30代を超えてくると筋力の低下を実感する人は多いです。若いときと比べると30代になれば、積極的に運動をする人は少なくなり、運動不足の人が相対的に増えます。

特に普段からデスクワークなどで座っている時間が長い人であれば、立つ回数も少なくなるので、より運動不足になりやすいです。

女性の場合、運動不足と加齢により筋肉が減ると体を上手く支えられなくなり、骨盤や身体が歪むことが多いです。

骨盤が歪むと内臓が下がってきてしまい、下半身が太く見えてしまいます。内臓が本来の位置よりも下がると、内臓機能が低下して代謝や血液の循環が悪くなることで、太りやすくなったり下半身がむくんだりするだけでなく、化粧のりも悪くなりやすいです。

おばさん体型を改善する方法とは?脂肪を燃焼しやすい体質に変わろう!

女性筋トレ

おばさん体型を改善するためには筋トレをするのがおすすめです。筋トレをすることで体のラインが引き締まり、基礎代謝が上がって脂肪が溜まりにくくなります。トレーニングだけでなく筋肉の材料になるタンパク質を摂ることも大切です。

筋トレを行うことで体つきの線を変えてゆく

おばさん体型を改善するためには、筋トレをしてたるんだ部位の筋肉を引き締めることが大切です。

例えば、太ももやお尻、ウエストなどはスクワットや腹筋をすることで引き締められます。

筋トレでは脂肪は燃えにくいですが筋肉を鍛えることで、たれていた部位は改善され体つきの線が変わっていくので有効です。

筋トレで基礎代謝を上げて脂肪が溜まりにくい体にする

筋トレは体を引き締めるだけでなく、筋肉量を増やし基礎代謝量が向上します。基礎代謝量が増えると、運動しなくても消費されるエネルギーが今よりも増え、余ったエネルギーが減るので脂肪が溜まりにくくなります。

特におばさん体型の人は筋肉が衰えているので、しっかり筋トレすることで体を引き締め、太りにくい体質に変わるのでおすすめです。

筋肉の材料を補給するために高タンパクな食事を心掛ける

筋トレをするときは、筋肉の材料となるタンパク質を補給する必要があります。筋肉はトレーニングによって筋線維が破壊され、修復するときに発達する仕組みであり、修復する際には材料となるタンパク質が必要です。

タンパク質は肉や魚に多く含まれているので積極的に摂るようにしてください。

しかし、肉には脂質も多く含まれるので、大豆などの植物性タンパク質を摂るようにしたり、手軽に摂れるプロテインを利用したりするのがおすすめです。

おばさん体型は筋トレで改善できる!スクワットで下半身を鍛えよう!

パーソナルトレーニング

おばさん体型は筋トレで改善しますが、自転車を使った有酸素運動・スクワット・腹筋を実施してみてください。効果的なトレーニングを行えば、おばさん体型を改善できます。

h3膝の負担が少ない自転車に乗って有酸素運動!

体脂肪を燃やしたいときは、筋トレだけでなく有酸素運動を行うのがポイントです。脂肪は万が一のときのために体に貯蔵されているエネルギーなので、短時間の運動では燃焼されません。

そこで、低負荷で長く運動できる有酸素運動を行えば効果的に体脂肪の燃焼が可能です。

ランニングなどが有酸素運動に該当しますが、筋量が少なくなっていると膝や腰に負担がかかりやすくなるので注意してください。

自転車を使えば膝などの負担を抑えて有酸素運動を行えます。また、下半身を中心にした運動なので、下半身を引き締める効果もあります。

下半身を引き締める効果があるスクワット!

下半身を引き締めるのであれば、自宅でも手軽に行えるスクワットがおすすめです。

スクワットは太ももとお尻を効果的に鍛えることができ、姿勢と呼吸を意識すれば腹筋を鍛えられウエストを引き締められます。

おばさん体型で悩んでいる方は、負荷が小さく半分くらいしゃがむ「ハーフスクワット」を10回から15回ほど実施するのがおすすめです。

毎日トレーニングすると筋肉が修復されないので、週に2回から3回ほど実施してください。

ポッコリお腹を引き締めるなら腹筋がおすすめ!

おばさん体型はお腹の下の部分がたるんでくるので、多くの人が悩んでいます。このようにポッコリとしたお腹を引き締めたいときは、腹筋をするのがおすすめです。

一般的な腹筋運動(クランチ)も効果がありますが、気が向いたときに行える「ドローイング」が効果的で、簡単に実施できます。ドローイングとは、息を吐きながらお腹を意識的にへこませるトレーニングです。

お腹に力を入れるだけで腹筋を鍛えられるので、普段の生活の中でも取り入れられます。

おばさん体型の特徴・基準を理解し、筋トレして改善しよう!

おばさん体型とは30歳以降で、洋ナシのように下半身が太ってしまった体型のことをいいます。理想体型に近づくためにも、筋トレや有酸素運動を行ってダイエットしてください。

  • 女性ホルモン・筋肉の減少、運動不足による骨盤の歪みによっておばさん体型になる
  • 改善するには筋トレをすることで体つきの線が変わり、脂肪が溜まりにくくなる
  • 自転車を使った有酸素運動やスクワット・腹筋などの筋トレがおすすめ

運動不足の人が急に運動をすると筋肉を痛めやすいので、始めはストレッチから取り組むのがおすすめです。まずは、おばさん体型になる原因を押さえて、適切な対策を実施してください。

リタスタイルはダイエット専門パーソナルジムです。
おばさん体型からの脱出はリタスタイルで!
まずは無料カウンセリングへ。